西洋 絵画 歴史

Add: ewisygy79 - Date: 2020-12-17 13:22:43 - Views: 5554 - Clicks: 6057

See full list on artna. 西洋絵画史は、キリスト教徒の関係も深いので、キリスト教絵画史の方も作ってみたので、こちらも使っていきたいですね。 修正したり追加したほうが良いネタがあれば、教えてください。 少しづつでも、良いものにしていければと思ってます。. 西洋絵画史③ついに西洋絵画のスタイルが完成 作者まみこ 各国で文明の差があったから、ヨーロッパ全域に広まるまでかなり時間がかかったけれど、ついに西洋絵画というスタイルが完成した時代に突入!. バーナムが実際に使ったポスターなんだけど、それまでポスターってこんな感じ。風景をそのまま描いた感じで、デザインって感じじゃないでしょ? 日本の浮世絵をみてみると分かるように、手前の人たちと富士山が白い雲のシルエットで区切られてるでしょ?そして富士山が霧がかって、薄く見える。雲で区切られた2つの要素が重ね合わさるように配置されているこういう浮世絵の構図はヨーロッパでは斬新だった。 それで、デザインも形を変えて、いくつかの要素を色づかいやシルエットで区切って、一つの画面に見せる方法がヨーロッパでも流行った。⬇︎ ぶっちゃけ、当時の日本人は朝靄がかかった富士山が実際に. 日本人は絵画の展覧会好き! ただ、まだ「アートを買う」ほどには至っていない。 ざっくり、西洋絵画史。 西洋絵画 面白いよ。。。変だから.

中世キリスト教を中心とした美術(3世紀頃から15世紀頃までの美術) 3. 西洋美術史は大きく分けると『古代』『中世』『近世』『近代』『現代』の5つに分けられます。 その5つの系統とおよその年代をあげてみましょう。 1. ソース 1710年代から1700年代後半のフランスを中心に、男女の戯れを画題にし、官能性を帯びたロココ美術が広まります。 ロココは絵画だけでなく家具や服装、装飾などにも見られるようになりました。 サロンがはじまったのもこの時代。 不特定多数の人が絵を見るようになり、美術評論家や画商といった職業が生まれます。 もっと詳しく. アトリビュート 西洋 絵画 歴史 を使った巧妙なだまし絵とは?!. 創業130周年記念出版 歴史の本で定評のある中央公論新社がおくる、まったく新しい美術の本。年10月より刊行開始 近世はみなさんご存知、ルネサンスがイタリアで始まるんだけど、簡単に言うと「ギリシャとかローマの美術復活させようぜ」って運動。この動きは、オランダやフランスなど他のヨーロッパでも広がって、15世紀末から16世紀初頭にかけての約30年間は特に大ブームを巻き起こした。 この時、一点透視図法っていう描き方が生まれて、初めて遠近法って概念が採用された。人間は3次元のものを2次元の画面にうまく描く方法を生み出したんだ。これぞまさに一つの大革命。 ミケランジェロとかレオナルドダヴィンチが登場したのもここ。自然科学が発達したおかげで、解剖学の観点から絵を描くやつらも出てきた。 これは有名な「最後の晩餐」。 ルネサンスの後に生まれたのが、マニエリスム。「自然を凌駕する高度の芸術的手法」と定義づけられたもので、「ありのままを描くだけじゃなくって、絵画なんだから誇張したり、大げさに描くのもありっしょ?」って動き。 これはマニエリスムの画家が描いた最後の晩餐だけど、同じテーマでも遠近法の使い方がダイナミックだし(実際より極端)、人のポーズも大げさでしょ? 「ルネサンスとあんま変わんねーじゃん。」って思う. 西洋美術史年表 【序章】 美術と人々 身近になっていく美術鑑賞 美術の支援者たち 美術を鑑賞する場 絵画の技法 【第1部】 ジャンル別にたどる絵画の歴史 o 宗教画 o 神話画 o 歴史画. 絵画に革新をもたらしたバロック・ロココ 15世紀ルネサンスから20世紀までの西洋絵画の歴史を、数多くの美麗な作品図版、詳細な図解でたどる、「西洋絵画の歴史」全3巻のうち第2巻。.

旧石器時代後期に入った頃より、実生活において有用に機能するとは考えにくい遺物・遺構が見られるようになり、これらを総称して一般的に原始美術/先史美術などと呼称し、西洋美術史においては洞窟絵画や 岩陰彫刻 (英語版) 、 丸彫彫刻 (英語版) 、獣骨などに刻まれた刻線画などが. 330年、ローマの帝都がコンスタンティノポリス(現在のイスタンブール)へ東ローマ帝国として遷都。 これによりキリスト教美術にアジアやペルシアの美術が加わり、15世紀に渡る長きまで続くビザンティン美術が確立されました。 最たる特徴はイコン(聖人像)です。 これは木版や銅板などに聖人を描いたもので、皆似たような顔立ちと決まりきったポーズをしています。 モザイク画やフレスコ画もこの時代に発達しました。. See full list on cosinessandadventure. 西洋絵画は難しくて分からないという言葉は本当によく耳にします。 それは西洋絵画特有の「決まりごと」があることと、聖書や文化に馴染みがないことが原因かと思います。 ただ、最初は訳が分からない絵だっととしても、展覧会に行ったり、絵に関する本を何冊か読んだりしていくうちに・・ある日突然「わかった」という感覚が得られることがあるんです!! この「わかった」という感覚がとても気持ちいいんですよ( ´艸`) この「わかった」体験に必要なのが西洋絵画の決まりごとの一つ「アトリビュート」です。. 近世人間中心主義の美術(15世紀はじめ頃から18世紀中頃までの美術) 4.

現代フォーヴィズム・キュビスム・エコール ド パリ・シュルレアリスム・ポップ アート 5系統を細分した中で、代表的なものをあげて、概ねはじまった順に並べました。 ルネサンスをはじめ、聞き覚えのある名前が入ってるんじゃないでしょうか。. 時代が移り変われば、絵画の表現方法も技法も変わっていきます。 この記事では、その時代に主流となった技法と代表的な作家の作品を紹介しながら、西洋と日本の美術史について紹介していきます。. 西洋 絵画 歴史 キリスト教絵画の原点は、地下墓地(カタコンベと呼ばれます)に始まります。 初期のキリスト教では、ローマ帝国時代に異教とされ迫害を受けていた信者たちが迫害をさけ、そして布教活動としてカタコンベの壁面に絵が描かれていました。 カタコンベ壁画のキリスト像は、通常肩に羊をかついでいる”良き羊飼い”の姿で描かれていました。 この羊。「迷える子羊」という言葉もありますが、聖書内でも信者を羊にたとえる表現がでてきます。 そして子羊は神への捧げ物でもあり、十字架に架けられたイエスのシンボルとしても使われているのです。 キリスト教がローマの国教として認められて、ローマ帝国内にキリスト教の教えを広めていく必要が出てきますよね。 字の読めない人にも絵画や彫刻などで聖書の教えをわかりやすく伝えるため、モザイク画、ステンドグラス、フレスコ画など色鮮やかな絵画や、生き生きとした彫刻が発展していきました。 教会は芸術家のパトロンとなり、多くの絵画、彫刻、聖堂を作らせていきます。. 現代絵画には3つの大きな流れがある。「表現」「抽象」「幻想」がある。 後期印象派から発生し、発展していったものが「表現」。線・形・空間・色彩の構成を重視したグループは「抽象」。想像力の働きを重視したグループは「幻想」。. 現代の日本では識字率は99%だと言われています。 なので、誰でも美術館へ行って説明書きを読めば、何を書いているのかわかりますが、昔は字が読める人が少なかったので、「〇〇を持っているから、これは●●」という決まりごとが必要だったんですねぇ・・ 宗教絵画のジャンルで最も描かれているであろう聖母マリアですが・・・ 同じ聖母マリアを描いても、これだけ画家によって個性が違います! 決まりことがないと、聖母マリアだという特定が難しいのですよ・・・ このマリアさんたちの共通点が分かりますでしょうか?. アトリビュートとは、個人を特定する特徴だったりアイテムのことです! まぁ・・難しいことを言うよりも、感じていただくのがわかりやすかと思います。私たち日本人も知らず知らずにアトリビュートのお世話になっているんですよ! ではでは問題です。 この少年が誰かわかりますか? 私の友人は「幼少期の小次郎?」なんて言ってましたけど、小次郎以外にも一寸法師、牛若丸、蘭丸、などなど・・・ この情報だけで、いきなり漠然と「誰?」なんて言われても選択肢が多すぎてピンときませんよね! ところが横にアイテムを配置してみると・・ ほら、これだと一瞬で分かりますよね。この個性を決定付けている「猿」「犬」「キジ」の存在(アイテム)が、絵画でいうところの「アトリビュート」です。. 「美術ってなんかかしこまってるけどさぁ、もっとおしゃれにしたくね?」豪壮で華麗なバロックに対して、優美で繊細なロココ様式が生まれた。 こちらは有名なフラゴナールの「ブランコ」。ふわふわとした木々の中で戯れるフランス貴族の男女と、スカートの中を覗き込むスケベ。下世話なシーンが描かれるのも当時では珍しいこと。 ピンときた人もいるかも知れないけど、あのディズニー映画「アナと雪の女王」でアナが宮廷で「生まれてはじめて」を歌うシーンで登場する。.

· 西洋絵画の歴史の中で格が高いとされてきたのが、歴史画や宗教画だ。パリで、エキゾチックな歴史画を得意としたジャンレオン・ジェロームに. 第二次世界大戦が終わると、アートの中心はヨーロッパからアメリカに移った。 ジャクソン・ポロックはシュルレアリスムに影響を受けて、無意識の中で絵を描くことを探求し、ボーリングやドリッピングという手法を編み出した。それまでのアーティストがキャンバスを立てて絵を描いていたのに対し、ポロックはキャンバスを床に寝かせて、絵の具缶から直接、絵の具を滴らせ、羽散らかせて作品を作った。 この手法はのちにアクションペインティングと言われて、作成中の姿も注目され、重要視された。. 西洋絵画 歴史 西洋美術史 - Wikipedi.

旧約聖書は大きく4つに分類されます。 モーセ五書 歴史書 諸書・文学 預言書 この中でもっとも重要なのが、「モーセ五書」で下記の5つの物語が記録されています。 創世記 出エジプト記 レビ記 民数記 申命記 「モーセ五書」では神の手で世界が造られ、神の庇護のもとユダヤ人の源流のイスラエル民族が形成されて神と契約を交わすまでが書かれています。 神との契約とは、神を信じて忠誠を誓うことで繁栄が約束されるということです。 「歴史書」にはイスラエル王国と王の物語。 神から与えられたカナンという地でイスラエル民族が王国を作り上げるものの神への背信好意によって繁栄と衰退を繰り返すというもの。 「諸書・文学」は神への賛美や人生訓など哲学的な内容。 「預言書」では王国分裂の時代からバビロン捕囚までの物語を、預言者の言葉や苦悩、神の意思が預言者を介して記されています。 この預言書の最後を締めくくるのは、苦難の中イスラエルの人々は自らの過ちに気づき、預言者が語る救世主の登場を待ちわびるというもの。 この救世主はイエスであり、新約聖書につながっていきます。. See full list on yumemana. 海外サイトで『世界で最も有名な絵画』という記事があったので調べてみました。 調べるまでもなく、それらはすべて西洋の絵画であろうということは想像できますよね。. 02 画家と美術史のお話 西洋美術史 超リアルな写実絵画を描く有名な画家17人を紹介.

初の万国博覧会とかも開かれて、世界の美術が一箇所に集まる機会もできると世界中の美術が面白いようにシナプスを生んでいく。日本人目線でいくとこの頃、200年続いた鎖国が終わった。日本の開国によって、空前の日本ブームが到来。ジャポニズムだ。浮世絵とか日本人独特の色彩感覚がヨーロッパにも影響を与える。 浮世絵がどうやって西洋のアートやデザインに影響を与えたかを説明しよう。 まずはこれ。映画グレイテストショーマンでも知られたP. 古代原始美術・メソポタミア・エジプト・ギリシア・ローマ 西洋 絵画 歴史 2. See full list on taitokatsumata. 近代新古典主義・ロマン主義・写実主義・印象主義・象徴主義 5. 紀元前2〜3世紀にローマ美術を取り入れながら形成されたのが初期キリスト教美術です。 当初はまだ異端だったキリスト教。 313年ミラノ勅令によりキリスト教が認められると、多くの教会が建てられるようになりました。 教会の外観は煉瓦造りで地味ですが、建物内の壁には、文字の読めない人々のために聖書の物語がモザイクを用いて描かれました。. 上の聖母マリアの共通項は青いマントです! 聖母マリアを表すアトリビュートはたくさんありますが、最も重要なアトリビュートの一つが「青」なのです。 聖母マリアの容姿は時代の流行りや画家の好みによって変わりますが、着ている洋服の色はほぼ同じです。 青いマントか青いベール、下の服が見えている場合は赤というのが原則です(絶対ではないです!白い服も持ってますw) なぜ青なのかと言うと、カトリック教会では聖母マリアを讃えて「海の星(マリア・ステラ)」と呼んでいました。 東洋において漢字で「海」と書くと「母」が入るように、西洋でも海は母のイメージなのです! 地球上の生命は海から生まれてますからね・・青は母なる海の色なのです。 「青」以外の聖母マリアのアトリビューは・・・ 「百合」「棘のない薔薇」「12の星がついた王冠」「三日月」 などなど・・ そして百合は、聖母マリアにキリスト受胎を告げに来た天使ガブリエルのアトリビュートでもあります。 ロレンツオ・ロット作 と言うわけで、このどこかコミカルな感じの絵が、どんな画面を切り取ったものか、あなたにはもう分かるはずです( ✧Д✧) カッ! ソース 15世紀末から30年間ほどのイタリア・ルネサンスは盛期ルネサンスと呼ばれ、古代ギリシャやローマと同等といえる美術の完成期とされています。 レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ラファエロが活躍したのもこの時代。 また、富裕層による個人的な注文も増え、感覚的に楽しめる作品が描かれるようになりました。 もっと詳しく.

ロココ様式は見ての通り、なんかリア充っぽくてふわふわしてる。絵のおしゃれ感がチャラい。そこで登場したのがナポレオンだ。 「え?ナポレオン?あの?」って思うかも知れないが、そう。あの戦いの天才、英雄ナポレオンだ。 ナポレオンの帝政時代、フランスの美術は「ロココみたいにチャラチャラしてないで、もっとフランスの栄光を讃えるべきだ」という風潮に変わってきた。ローマやギリシャ時代の美術をもう一度見習おうと、ここで生まれたのが新古典主義。ナポレオンはその辺の広報がうまくて、美術をプロパガンダの一部として捉えていた。 ナポレオンは結局失脚することになって、帝政は崩壊するんだけど、「古典主義はやっぱ堅苦しいって。もっと感性豊かになろうよ」ってことで、恋愛とか民族意識ってことに重きを置いたロマン主義が生まれた。. 初期のものには写実的な表現でもって実物大に近い大きさを有しているものも見られるが、時代を追うごとに形像は小型化し、簡略化・形式化が進んでいる 。. 西洋絵画はルネサンス期(特に1400年半ばから1500年半ばまでの100年間)に飛躍的な発展を遂げました。 ルネサンス絵画には、中世に絵画には見られない、 「自然主義的な写実性」、「人間性の発露」、「普遍的な美との調和」 という3つの大きな特徴があり. ヴァーチャル絵画館(旧アート at ドリアン)には名画から20世紀アートまで、著作権の切れた豊富な画像がラインアップしています。画家の紹介、絵の解説。特に絵の主題解説として「ギリシャ神話」「聖書の物語」のコーナーがあります。. . ご存知、ピカソなどのアーティストによって誕生。これが超革命的。だって、今までみんな「光の描き方を変えてみよう」「描く題材を変えてみよう」「色の使い方を変えてみよう」って言ってたのに対して、「視点を変えてみよう」ってことを試みたから。 ルネサンスから続いた一点透視法をやめて、色々な角度から描いたものをつなぎ合わせて一つの画面に落とし込むっていう全く新しいことにチャレンジした。 今までの絵画の常識を丸ごとひっくり返すキュビスムの、当時の人たちにとっての衝撃はやばかったと思う。「いやーーその手があったか!」って。ゴンさんが急に髪の毛伸びたくらいの、悟空が初めてスーパーサイヤ人になったくらいの衝撃走ったに違いない。(伝わんない人ごめん。) この後の芸術家達は否が応でもピカソに影響を受けてきた。のちに生まれた未来派は、名前の通り、「伝統なんて糞食らえ」っていう勢いで、新しい時代にふさわしい機械美やスピード感、ダイナミズムを表現した。戦争をも賛美する未来派はイタリアで起こり、ファシズムにも受け入れられた。. 歴史画(れきしが)とは、西洋絵画においては歴史上の事件や神話・宗教に取材した絵画を指す。歴史画を厳密に歴史上の一事件を描いたものと捉え、宗教画・神話画とは区分することもある。西洋画のヒエラルキーの中では、宗教画・神話画も含めた歴史. 新約聖書は大きく4つから構成されています。 福音書 使徒言行録 書簡集 黙示録 「福音書」ではマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4人がそれぞれの視点からイエスについて書いている。 新約聖書の中でも重要な部分で、イエスの生涯と教えが描かれている。 「使徒言行録」は使徒となったペトロとパウロが中心となった初代教会の成立と発展を記した教会の歴史のような記録 「書簡集」はパウロやそれ以外の使徒の手紙をまとめたもの。 パウロの13の手紙では信徒や教会にあてた教えや励ましのメッセージが。その他の使徒はキリスト教の教えを綴っている。 「黙示録」の正式名はヨハネの黙示録。 新約聖書の中の唯一の預言書で、世界の終末が記してある。 終末後の世界では最後の審判が下されて、信仰の篤い人々は神の国にいけるという希望に満ちたもの。 新訳聖書のエピソードをアートから読み解いて見ましょう。 受胎告知 キリストの降誕 羊飼いへのお告げ 東方三博士の礼拝 神殿への奉献 エジプト逃避途上の休息 幼児虐殺 洗礼 荒野の三つの試み 聖ペテロとアンデレの召名 聖マタイの召名 カナの饗宴 サマリアの女 海の上のキリスト カナンの女の治療 パンと魚の奇跡 キリストの変容 羊と山羊を分けるキリスト.

こうして絵画の歴史をたどると、今のわたしたちの絵は、過去の美術の進歩の上に成り立っていることがよくわかります。 たとえばわたしの絵のスタイルでいうと、イメージを中心に描いているのは、初期の心象絵画時代の手法に倣っていますが、遠近法や陰影といったルネサンス以降の技術を取り入れていますし、色のグラデーションや明るさを強調しているところは印象派と似ていて、それらを描く手段は最新のデジタル機器を用いているのです。 つまり、わたしの絵は、今の時代に生まれたからこそ描けるわけであり、過去のどの時代に生まれても、あるいは過去のどの歴史が欠けていても、決して描けないほど、昔の画家たちの偉業に多くを負っているということがわかります。 わたしは、この歴史の中では、おこがましいかもしれませんが、自分は印象派に似ているなと実感します。写実画があまり好きではなく、明るい光と色を強調した絵を描きたいという思いは、当時の彼らの気持ちと重なるところがあるかもしれません。子どものころ、古典美術や抽象画には特に惹かれなかったのですが、モネやルノワールの絵を見たとき、その美しさに感動したのを思い出しました。 絵画の進歩を振り返るにつけ、その多様性と、画家たちの飽くなき努力に感嘆せずにはいられません。. 17世紀頃、プロテスタントの台頭に危機を感じたカトリックが信者を呼び戻すため、劇的でインパクトのある作品を求めはじめたのが、バロック美術の始まりと言われています。 イタリアではカラバッジオやルーベンス、彫刻家にはベルニーニが活躍し、スペインではベラスケス、オランダではレンブラントやフェルメールなどが活躍し、暗い画面にドラマチックな光を演出的に描いた作品が多く生まれました。. 西洋 絵画 歴史 長らく続いた心象絵画の時代を大きく変えたたのが、ルネサンスによる芸術革命です。これまで宗教との関わりが深かった美術が、メディチ家など裕福な資産家の後押しによって、美術、芸術として独立した意味を帯び始めます。絵は、単に神や伝説を描く手段ではなく、身の回りのあらゆることを表現する手段として認識されはじめます。 特に画期的だったのが、遠近法と陰影の技法の開発です。遠近法を開発したのは建築士フィリッポ・ブルネッレスキだといわれています。陰影をつけて自然な立体感を出す「スフマート」はレオナルド・ダ・ダヴィンチが開発したとされています。どちらも今のわたしたちにとっては当たり前かもしれませんが、当時まで、そのような技法はほとんど存在していなかったのです。 こうして生み出された、絵の新しいスタイルが網膜絵画(レティナル・ペインティング)です。(p137) これまで、絵は「心象」、つまり心の中のイメージを描くものでしたが、レオナルド・ダ・ヴィンチらは「網膜」すなわち目に映った映像をそのまま描く「リアル」で「写実的」な絵画の道を開きました。 画家たちは空想で描くのではなくモデルを使った模写をするようになりました。たとえばデューラーの版画「裸婦を描く画家」には、当時の画家が木枠のスケールを使って座標を確認しながら絵を描く様子が描かれています。 ▽遠近法が取り入れられたルネサンスの絵 網膜絵画は、大きくわけて二種類にわけられます。.

24 その「背景」にはやがて技法が宿る╿西洋絵画とその「風景」の変遷①. 20 西洋絵画の翼を持つ人たち ②天使ってなんですか. Muttという署名をしただけの作品。 この作品がどうすごいのかって言うのは、アートの捉え方をガラリと変えたところにある。 それまでの美術は、作品自体が美しいとか挑戦的であるっていうところで評価されてたんだけど、デュシャンはもはや作品を作らない。既存のものを「選択し、命名して、新しい価値を与える」ということをし始めた。そして注目すべき点は、「価値を与える」という行為を鑑賞者にも委ねたところ。 受動的に作品を観ていた今までの美術の鑑賞者は、「能動的に作品を解釈」しなくてはいけなくなり、鑑賞者が意味づけをして初めて作品になる。もう今までのマイナーチェンジとはレベルが違う。光とかテーマとか色とか視点とかいう次元じゃない大革命でしょ? 今までの美術のあり方を完全否定したダダは、「芸術とはなんぞや」っていう命題を掲げて、後のアート界に大きな影響を与えた。それから始まる現代アートは「新しい表現をすること」に価値を置くようになる。 デュシャンがアートをもっと奇抜で難解にしたと同時に、もっと面白くした。. 戦争に対する抵抗、そして虚無感から生まれたのがダダイズム。通称ダダは、今までの常識や秩序を否定して破壊するという思想的な試みが始まった。 マルセル・デュシャンが展覧会に出品した「泉」は、男性用の小便器にR. 古代キリスト教誕生以前の美術(3世紀頃以前の美術) 2. 西洋絵画における透視図法の歴史; 古代の絵画の遠近法; 中国絵画の遠近法 大和絵の遠近法; 空気遠近法 本項では「絵画における遠近法の歴史」の豆知識を掲載しています。遠近法は、イタリア・ルネサンスから始まったと言われますが実際には古代から. 西洋 絵画 歴史 こうして、心象→写実→視覚情報の分解、と進んできた絵の歴史は、20世紀に入って爆発的な多様性を見せ、さまざまな広がりを生んでいきます。 完全に抽象化されたワシリー・カンディンスキーらの抽象画、描くことに動きを取り入れたジャクソン・ポロックのアクション・ペインティング。さらには映画やアニメ、デジタルの技術を活用したCG、3Dなど、絵画は多種多様な分野に枝分かれしていきます。 ▽ワシリー・カンディンスキーの絵 ▽ジャクソン・ポロックの絵 興味深いことに、絵画の歴史は、科学の進展と常に関係してきました、数学が幾何学的な遠近法を構築するとともに、見たままを描くリアルな絵が生まれ、カメラの登場とともに、一方では映像美術が、一方では印象派をはじめとする脳の絵画がうまれます。そして相対性理論の発見とほぼ同時にキュビスムが生まれ、デジタル機器の発明とともにCGが登場しました。 科学と芸術は一見まったく別のものであるかのように思えますが、実際には、互いに影響を及ぼしあってきた文化であり、ときには芸術家が科学者に先行することさえありました。 今回参考にした本 見る脳・描く脳―絵画のニューロサイエンスの著者、岩田誠教授はこう書いています。. 西洋 絵画 歴史 .

中世初期キリスト教・ビザンティン・ロマネスク・ゴシック 3. 最初の段階は、ルネサンス以前の絵画です。洞窟画から、古代エジプト美術、ナスカの地上絵、キリスト教美術、そのほかの古典的絵画など、非常に長い時代にわたって、絵は、「心象絵画」(マインドペインティング) というタイプの発展を遂げていました。(p134) 「心象」とは、心の中のイメージのことです。もともと絵は、いわゆる写実的なものではなく、心の中のイメージを描く手段だったのです。 絵の歴史は、当初、宗教や伝説、まじないなどと関係していました。神や精霊、神話など、目に見えないものを可視化することが、かつての絵画の主な目的でした。 見たままを描くわけではないので、構図は平坦で二次元的ですし、近くにあるものが大きく描かれるということもなく、神のように大事なものが巨大に描かれます。そして色は、現実の色みに忠実なわけではなく、イメージにふさわしい色が象徴的に用いられます。 アルタミラ洞窟の壁画など、初期の洞窟絵画は、動物の姿を描いていますが、それでも決して写実的ではなく、遠近法や陰影といった技法はどこにも見られません。洞窟絵画の意味については諸説ありますが、人目に触れない場所に描かれていることから、宗教的なメッセージだったと考える学者もいます。 今でも、わたしたちが資料なしで、自分の心の中のイメージを描くとき、それは古くから脈々と続いてきた心象絵画(マインドペインティング)の手法にのっとっています。特に、子どもが最初に描き始める大きな頭の人間や、家や電車などのシンボル画は、まさに心象絵画の代表といえるでしょう。 ▽ルネサンス以前の絵.

西洋 絵画 歴史

email: [email protected] - phone:(615) 715-8464 x 6926

セルフ 整体 腰 - 百人一首

-> サイン エンディング
-> Brent j steele

西洋 絵画 歴史 -


Sitemap 5

Ol 風俗 -