デュシャン 大 ガラス

デュシャン

Add: opimi36 - Date: 2020-12-12 10:18:20 - Views: 8550 - Clicks: 5380

1902年に絵画制作をスタートしたデュシャンは、印象主義から象徴主義、フォヴィスムなどアヴァンギャルドな様式に積極的に取り組んだ。中でも、裸体が階段を降りる動きを表した《階段を降りる裸体 No. マルセル・デュシャン「大ガラス」 デュシャン 大 ガラス 「彼女の独身者によって裸にされた花嫁さえも」(いわゆる:大ガラス)は、1915年-1923年の8年の制作期間にわたって制作されたマルセル・デュシャンの未完成のオブジェである。 この作品は、鉛の箔、ヒューズ線、埃などの素材と2つのガラスパネルを使っ. マルセル・デュシャンの「大ガラス」。一般的な日本語読みを教えて下さい。 『大ガラス』は通称で正式名称としては『花嫁は彼女の独身者たちによって裸にされて、さえも』で、原題は『TheBrideStripp. デュシャンが活動を始めたのは、今世紀の初め一九〇二年頃からです。彼は科学・技術がもたらした二〇世紀の時空の変化にいち早く反応し、現代美術の先駆けとなる思索を展開します。 私たちはそれまでの画家たちとは全く種類の違う思索の作家の登場を目にすることになります。 デュシャンの実制作と思索の関係は、他の多くの画家たちのそれとは逆転しています。 画家たちは制作の手法を確立すると、その方法を繰り返し、多くのヴァリエーションを生み出そうとします。彼らが実制作の持続を第一の目標にするのに対し、デュシャンは思索を持続することを最も重要なものとします。 彼の思索と実制作の関係はちょうど科学者たちの思索と実験のそれに似ています。 デュシャンは思索が制作によって現実のかたちを結ぶと、もはや同じ手法の制作を繰り返そうとはしませんでした。彼にとっては、結果の出た<実験>を繰り返すことに意味はありませんでした。 デュシャンが思索を実制作の上位においたのは、彼の関心が時代の知の進展にあったからです。現代という時代にあって私たちの知はどこまで世界をとらえているか? 今、私たちは有史以来の膨大な時間空間の広がりのどこに位置しているのか? デュシャン 大 ガラス 彼の思索はこれらの問いに向かってなされます。 彼にとって、芸術の意義は、その表現がいかに時代の知の水準を押し上げる行為となり得ているかにのみあったのです。 デュシャンが思索を持続する合間を埋めるために、日常生活で繰り返すことを許したのは、一九一五年、アメリカに渡ってから八年間続けられた水泳の訓練と「大ガラス」の制作以後、没頭することになるチェスでした。 彼の長い思索のあとを語るようにぽつりぽつりと置かれた数少ない実験的な制作は、その後のアメリカ現代美術の展開のための道標を置くかのようになされました。. 2」は、この展覧会に出品されます。 その思わせぶりなタイトルと、肝心の裸婦が見あたらない表現は、物見高いアメリカ人の関心を大いにかき立てます。 この作品が思わぬ評判を呼び、フランスでは異端の前衛でしかなかったデュシャンは「ナポレオンとサラ・ベルナールに次いでニューヨークで最も名を知られたフランス人」となります。 この作品のアーモリー・ショウへの出品で、彼はその後のアメリカでの活躍の機会を手に入れます。 *アーモリー・ショー 1913年ニューヨーク旧六九連帯兵器庫で開かれた展覧会。 ヨーロッパの近代芸術にアメリカ絵画が対抗するかたちをとって開かれた。保守的な写実絵画が主流を占めていたアメリカで、多くの人は、ヨーロッパ近代芸術を初めて目の当たりにすることになった。ヨーロッパからは、ドラクロア、アングルに始まる近代絵画の成果が網羅された出品だった。印象派のマネ、モネ、それに続くゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、スーラ、シャニック、フォーヴィズムのマティス、ドラン、マルケ、ヴィョン、デュフィー、キュービズムのピカソ、ブラック、レジェ、グレース、ピカビアらの作品が並んだ。これら近代前衛芸術に至るヨーロッパの作品は、数では千点を超えるアメリカ絵画を圧倒し、その後進性をあからさまにした。 このアーモリー・ショーで デュシャンの「階段を下りる裸婦Ⅱ」が評判を呼び、彼は一躍有名人となった。彼が出品した油絵四点はすべて買い手がついた。. More デュシャン 大 デュシャン 大 ガラス ガラス images. 超具象的なもの——デュシャンと荒川+ギンズの間 33 しはランディングサイト(降り立つ場)が固定できないことであり、変容していく渦中を 指す。デュシャンは射影幾何学において偶然に対する思考を描き出し、大ガラスのように. とくに大ガラス作品については、中村宏と何時間も、しかも何日にもわたって話しこんだ。それがデュシャンを知って数日目のことだったとおもう。早稲田の二年生のころである。 ぼくはもともとフランシス・ピカビアの信奉者でもあった。.

相対性理論のもたらした時代の時空性の変化は、芸術の領域にも波及します。 芸術の領域で、一九一〇年代に入ってキュービズムが登場したのもその衝撃に対する感覚的な反応のひとつとみることができます。 時代の新たな時空は画家たちが長年とってきた自然の事物を観察する方法の変更を迫ります。 画家たちはより総合的な視点を提出する必要に迫られました。 キュービズムの画家たちが考えた方法は、とらえる対象を最小単位の空間に解体し、それらを画面に並列に置き、彼らの視点を相対化して表現することでした。しかし、その試みは、画家たちの見た対象の部分像をつぎはぎに並べることに終始し、近代の世界観を再構築するまでには至りませんでした。キュービズムは、近代のニュートン的な世界観の限界をあらわにする表現に終わったと言えます。. 。 彼の相対性理論は、これまでの科学の常識を根底から覆すばかりか、その新たな次元の提示は、哲学、思想、芸術などすべての領域の再構築を促すもの. 2》(1912)(10)以前の絵画的探求の 時代を終えて、新しい作品制作(〈大ガラス〉等)のためにノートをとる段 階から、つまりデュシャンがいわゆるデュシャンになる段階からすでに蝶番. さて、近代の時空を一挙に現代の時空へと押し上げたのが若きアインュタインです。 一九〇五年に彼が発表した特殊相対性理論は、近代世界の等質な時空と物質のあり方が絶対的なものでなく、ある限定された条件のもとの事象であることを明らかにします。 アインシュタインは続いて一九一五年に一般相対性理論を発表し、宇宙のあらゆる運動を相対性理論から説明したのです。 二〇世紀の現代世界は、アインシュタインの相対性理論が明らかにした相対的な時空のうえに築かれることになります。 相対性理論によれば、私たちがニュートン以来、不動の基準とみなしてきた時間、空間、事物の質量は、運動につれて変化してしまう相対的な要素です。 事物の運動が超高速のレベルになると、その運動は、外部からは、時間の経過が遅れ、運動する事物は進行方向に縮み、質量が増して観測されます。つまり、私たちのそれぞれが相対的に運動している存在だと想定すると、私たちそれぞれの世界は時間、空間、事物のあり方が一定でない、ばらばらに異なった世界として存在していることになります。 唯一、一定の速度を保つ光だけがそれらのばらばらな時空をつなぐ要素です。 アインシュタインの相対性理論は、私たちがものごとを考える基準としてきた、事象の絶対性の根拠自体をくつがえしました。 それは、科学・技術の分野に限らず、人々が築き上げてきた、哲学、思想、芸術など、すべての領域が新たな次元から見直されるべきことを告げていました。 相対性理論の登場の衝撃はまさに行き詰まりをみせていた近代の世界観を根底から揺るがし、あらゆる知の領域を走ったのです。 *アインシュタインの相対性理論 1905年、26才のアインシュタインは、ベルンの特許局に勤めるかたわら、光の量子仮説を発表し、続いて特殊相対性理論を発表する。世界は無名の一青年が現代の時空をひらく画期的な理論を発表したことに驚きの声をあげた。 これまで、時間は常に一定して流れ、空間は一様に広がっていると考えられていた。ところが、彼の理論によると、次のような現象が起こる。相対的に運動する物質の間では、時間の流れが異なり、空間も互いに変化して観測される。また質量も運動に伴って変化する. ン・レイと共に2年間の歳月をかけて制作。また、『アネミック・シネマ』は、デュシャンの制作した唯一の 映画とされているが、現存こそしないものの、ニューヨークで《大ガラス》を制作している時期(1920年頃). 2」1912 は、デュシャンが当時試みた時空の変容をあらわす絵画のうちで最も物議をかもした作品です。 彼は人物が階段を降りる動きを表現するのですが、そこには人体は不在です。 彼は、当時の未来派の試みのように、動く人体の瞬時ごとの形をひとつの画面に集めたのではなく、四次元時空における世界線の時間切断面をコンピューターでシミュレートし集積するように、人体の動きが引き起こす空間と時間の変容と人体自体の変容を観念的にとらえ集積しました。 人体の基軸を想定すると、その動きは線の移動としてあらわされます。 線の移動をある瞬時で区切るとその空間内の面としてあらわされます。 ところが、運動とともに変容する 時空と物体は、均等に規則正しく変化する面とはならず、さまざまに変化した不連続な形の面を生みます。 * 彼はこの作品を二人の兄とともにパリ、アンデパンダン展に出品しようとします。 しかし、キュービスト理論家のグレーズやメッツァンジェに反キュービズム的だと非難され、作品を撤去させられます。彼らにとっては、キュービズムの理論内での表現が進歩的表現の条件でした。 確かに、キュービズムからみれば、運動と時空の変容をとらえようとするデュシャンの表現は、明らかな逸脱でした。 では一体、彼の芸術表現を退けるキュービズムの前衛性とは何なのか? 彼はこの事件を契機に徒党を組む活動に見切りをつけ、一人で表現活動を展開することを固く心に決めます。 *CGで使われる基軸だけの人物像。その動きをある時間で切断すると基軸が描く面が得られる。.

デュシャンのたとえば《The》という作品で「The」の部分を★に変えたものや、目に映ったものを描いたわけではなく、概念〈コンセプト〉を表した《大ガラス》のような作品 を経験した後だと、字をみて内容を追わない見方も楽しめるかもしれません。. 近代絵画が思想や観念と切り離されて,ただ見るだけの〈網膜的〉楽しみに堕したと考えたからで,女の肉体を奇妙な機械装置として描いた《花嫁》(1912)がほとんど最後の油絵となった。. デュシャンがニューヨークのアンデパンダン展に便器を匿名で送りつけ、展示しようとしたのが1917年でしたが、このレディ・メイドは「芸術」とは何かを、鑑賞者に問いかけています。 またその一方で、《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》(《大ガラス》)や遺作《(1)落下する水、(2)照明用ガス、が与えられたとせよ》の上で、図像学的な物語を鑑賞者に読み解かせようとします。 この作品によるデュシャンの鑑賞者に対する問いかけの姿勢、それがデュシャンというアーティストの重要な根幹をなしているといえるでしょう。 1957年4月に開催されたアメリカ芸術家連盟の総会で、芸術家のマルセル・デュシャンは「創造過程(The Creative Act)」という講演を行い、そこでこのようなことを述べています。 デュシャン 大 ガラス デュシャンはここでアーティストの創造行為において、鑑賞者の存在の重要性を強調しています。 かつて芸術家は完全な個人として認知されていましたが、それをデュシャンは既製品を使った「レディ・メイド」作品、鑑賞者に物語を読み解かせる《大ガラス》、別人格の「ローズ・セラヴィ」による活動などを通して否定し続けました。 近代において創造的行為はある特定の個人によって完成されるものではなく、作品内部にある観念を鑑賞者それぞれが思考することによって作品と外部世界との間につながりをもたらすのだ、と主張したのです。 デュシャンの後の世代に続くポップ・アーティストたちや、ミニマル・アートを牽引したドナルド・ジャッド、そしてコンセプチュアル・アーティストたちは、皆デュシャンを師と仰いでいます。 こうした観念的なものを芸術と見定め、作品における鑑賞者の存在を重視したデュシャンの功績は、その後の20世紀美術の骨格として発展していきます。 作品やその人物像において多くの謎を残しながらも、デュシャンが「現代アートの父」と呼ばれ多くのアーティストや研究者から重要視される所以は、ここにあるのです。. なぜ『大ガラス』のコピーはつくられたのか。 マルセル・デュシャン(1887—1968年) 1。 二十世紀美術を代表するこの「芸術家」は二十世紀という大量複製・消費文化の文脈の中で、不可解で多くの謎を含む作品を発表し続けた。. 大ガラス デュシャン と 『易経』 「漸」 「旅」 「損」 「豊」 「剥」 「艮/震」 「坎」&「離」 デュシャン・コード デュシャン作品検索 《彼女の独身者達によって裸にされた花嫁、不二》 La Mariée mise à nu par ses célibataires, même (別称《大ガラス》).

年に国立国際美術館で開催された<マルセル・デュシャンと20世紀美術>展《大ガラス》(レプリカ)紹介ページのリンク>>こちらから 《大ガラス》は縦に2枚並べられたガラスに様々な造形が描かれた作品で、上側が「花嫁」、下側が「独身者たち. · デュシャンの大ガラス - 東京大学 駒場博物館(東京23区)に行くならトリップアドバイザーで口コミを事前にチェック!旅行者からの口コミ(22件)、写真(12枚)と東京23区のお得な情報をご紹介しています。. See full list on kawasenb. 2》が「裸体は横たわるもの」と非難され、デュシャンは展示を断念します。 これは以降の彼の進む方向を決定する、重大な出来事でした。 画家ではない、まったく新しい芸術家としての可能性を探る道を、ここで選択することになったのです。 デュシャンはこれ以降、ギュスターヴ・クールベ以降の絵画作品を「網膜的」として非難し、「観念としての芸術」を提唱することとなりました。.

. 奈良原一高写真集 フィラデルフィア美術館所蔵のマルセル・デュシャンの大ガラス作品「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」を特別許可のもとに撮影した奈良原一高のカラー写真55点を初めて発表するオリジナル作品集。. See full list on muterium. デュシャンが回転する物体をとりわけ好んだのは、「大ガラス」の下半分の「独身者の機械」に出てくる「チョコレート磨砕器」や「水車」によっても明らかであるし、またスツールの上に自転車の車輪を逆さに取り付けたレディメイドのオブジェ「自転車. . アメリカで初の大規模な近代美術の展覧会が、一九一三年、ニューヨークの元兵器庫で開かれたアーモリー・ショウです。 スティーグリッツによるスタジオ291 * での啓蒙的な活動はあるものの 、 一般のアメリカ人が広く近代の芸術に接することになったのは、このアーモリー・ショウ*が最初です。 *スタジオ291 1905年から17年まで写真家スティーグリッツによって運営された。ヨーロッパで近代芸術や写真を学んだ彼は、写真はもとよりロダンやピカソらの近代芸術をアメリカに紹介する窓口をも果した。 パリでは拒否されたデュシャンの「階段を降りる裸体No. アインシュタインによって二〇世紀を画する新たな世界観が提出されたことは、デュシャンに世界の認識が進化するダイナミックなイメージを提供しました。 絶対的ともみえた近代の世界観を覆したのは、当時の権威者たちではなく、周辺にいた全く無名の若者です。 私たちのまわりのごく平凡な日常のなかでなされた思索が、古い世界観を相対化する新たな世界観を生み出しました。 デュシャンは、このことに大いに刺激され、自らの日常からあらゆる既成の見方を相対化するより高次な芸術表現の領域をつくりだすことをめざします。 「私は何事も受け入れることを拒み、あらゆる事を疑った。そう、あらゆるものを疑ったので、私は以前には存在しないもの、また以前には考えたこともなかったものを見い出さねばならなかった。 何かが頭に浮かぶと、私はそれをひっくり返してみて別の方向から見ようとした。」 「現代美術五人の巨匠」カルビン・ポプキンス、1972 デュシャンがめざしたのは、アインシュタインのひらいた新たな時空をそのまま追うことではありませんでした。 彼がアインシュタインから学んだのは、既成の見方を「ひっくり返し」新たな次元をひらくというその思索の方法でした。デュシャンは科学の見方にも属さず、また、同時に芸術の見方にも基づかず、それらの既成の見方を「ひっくり返し」相対化する新たな表現をひらくことを考えます。 そこで、彼は物質の運動を極限にまでつきつめると新たな次元がひらけるとする相対性理論のイメージを日常の運動に適用することを試みます。 相対性理論が明らかにした時空と物質の変容は、超高速の運動において生じます。しかし、理論的には、日常の世界においても超微細ながら同じ変容が起こるはずです。デュシャンは、その超微細な変容をとらえるのことが、芸術家に託された仕事だと考えます。彼が描こうとするのは、ある時空と異なる時空との衝突や、時空と時空が干渉して変容する観念的情景です。 近代の限界にあるキュービズムがそのヒントを提供していました。彼は、キュービズムの、空間を単位に分節し画面上に重ねる手法を、運動につれて変容する時空と事物を表現する方法に変換します。 デュシャンのとらえようとする<美>は、もはや具体的な個々の形にはなく、物体の動きによって引き起こされる変容のメカニズムをいかにとらえるかにあります。 「迅速な裸体の群に囲まれ.

本作はデュシャンの代表作である。《彼女の独身者によって裸にされた花嫁、さえも》の花嫁の一部にもなっている。 3つの紺で塗られたキャンバスにひも、3枚のガラス板、3本の曲線定規がそれぞれ配置されている。. デュシャンの企画展覧会はアートなのか 35 うからだ。 《泉》、〈大ガラス〉と〈遺作〉の次は、「アンフラマンス」︵5︶のマルセル・ デュシャンである。ここ20 年ほど前から注目されるデュシャン的な新しい対 象認識法である。. See full list on fashion-press. 芸術表現にふれるうえで見落としてならないのは、その表現が時代の認識の水準、世界観をどのように具体化し、またその水準をいかに押し上げようとしているかです。 二〇世紀は科学・技術の時代です。 時代の認識の水準はその科学・技術によって押し上げられていきました。 科学・技術が解明しつくせないのが私たちのこころ、即ち精神の領域です。 無論、科学・技術は私たちの精神の世界をも事物の側面からとらえ、その構造を解明していきます。 ところが、私たちの精神はその解明を繰り込み、常に疎外の状態を生み出すのです。 芸術表現は、常に疎外の状態におかれるこころ、精神の側面から世界をとらえ、個の表現として新たな世界観を具体化し提出する営みだと言うことができます。 科学・技術が先導する二〇世紀の時代認識、世界観の変化のなかでの芸術表現、ここでは特に、デュシャンのそれが、いかに時代の知の水準に関わったかをみることにします。.

デュシャンと二人の兄たち 1913年(左からマルセル・デュシャン、ジャック・ヴィロン、レイモンド・デュシャン=ヴィロン) jpg デュシャンは1887年、フランスはノルマンディー地方の裕福な家庭に生まれました。 父は公証人で兄2人、姉一人(早逝)、妹3人の7人兄妹の3男でした。 新聞や譴誌に風剌漫画を寄稿、版画工房で働き、美術職工の試験に合格したことで兵役を免除されます。 兄たちの後を追って画家を志していたデュシャンは、この頃自身の作品としてキュビズムなどから影響を受けた絵画作品を制作していました。 そんな中、1912年、25歳の時にパリのアンデパンダン展で《階段を降りる裸体No. 1912年から1917年までのデュシャンは、絵画制作を停止し、伝統的に「絵画」であると解釈されていた枠から飛び出るような作品制作に意欲を見せる。本来の機能と切り離し、日用品に「芸術」としての意義を持たせた「レディメイド」作品の制作を開始する。会場には「レディメイド」作品のうち、代表作《泉》をはじめ、《自転車の車輪》、《瓶乾燥機》の3点を展示する。男性用小便器に偽名のサインを残した《泉》は、制作当時芸術作品として展覧会に出品するものの、展示を拒否された作品だ。 さらに、1915年から1923年までの期間制作し続けた、通称『大ガラス』と呼ばれる傑作《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》の複製(東京大学駒場博物館蔵)も展示。デュシャンの制作意図や作品そのものの意味を紐解いていく。. デュシャン 大 ガラス デュシャンのアートは、早い段階で絵画以外の作品へと移っていきました。その中から代表作をご紹介します。 「大ガラス」1915年~1923年. マルセル・デュシャン 《3つの停止原基》(ニューヨーク近代美術館蔵) 1メートルの長さの三本の糸を、1メートルの高さからカンバスの上に落した際の曲線を固定。 それらの「曲線」は、《停止の網目》や《大ガラス》に登場する。. 《大ガラス》以降、すっかり制作を放棄してしまったデュシャンは1968年に死去する。 ところが、デュシャンの死後、遺作とされた作品が公開され、再び世間は驚愕する。.

ところで、時代の認識の水準、その時代のものの見方を背後から支えているのは、人々のもつ時間と空間に対する共通認識の度合いです。 時代の時間と空間にたいする共通認識の水準を時代の時空性と呼びます。 それぞれの時代の時空性の違いが見やすいのは、その宇宙観の違いです。 いま仮に、私たちと中世の人々が並んで同じ光景、例えば星のまたたく夜空を見ているとします。 両者の目に映るのは同じ光景ですが、私たちと彼らのとらえ方は個々の能力の差を超えて大きく異なっているはずです。 中世の人々にとっては、夜空は神秘の力に支配された別世界です。 彼らは星々を結ぶ形と事物の形を重ねて連想をひろげたり、あるいは自分たちの身体感覚の広がりに宇宙の構造を重ねたりして宇宙の成り立ちを理解するしかありませんでした。 私たちは彼らと同じようにその果てしないひろがりに心を動かされながら、それらが地上と同じ物理法則に従っていることをすでに知っています。 このとらえ方の違いは、私たちが彼らより優秀だという訳ではなく、それぞれの立つ時空の水準の違いによっています。私たちは中世の人々と比べると、はるかに押し上げられた現代の時空性のうえに立って同じ星空を見ています。. 《大ガラス》の複製は、1961年に制作されたストックホルム近代美術館の「ストックホルム版」、1966年に制作されたテート・ギャラリーの「ロンドン版」がデュシャンの在命中に制作されましたが、デュシャンの死後、1980年に制作された3番目の複製が、現在. 絵画を放棄したデュシャンは新しい芸術活動をはじめました。 彼の活動を支える二つの大きな軸といえるのが、「レディ・メイド」作品と《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》、通称「大ガラス」です。 1915年、初のニューヨーク滞在中に天井から吊り下げた雪かきシャベルを「美的な楽しみには決して左右されなかった」としてデュシャンは「レディ・メイド」と名付け、《折れた腕の前に》というタイトルをつけました。. 古典期の人々の世界のイメージは、目に見える平板な大地のひろがりをもとにしています。 その上空の天体を運行させるのは神秘的な力です。 天体を支える神秘の力は神の概念と結びつき、神秘に閉ざされた古典期の時空を形作りました。 一七世紀になるとニュートンが登場します。彼の物理学は天上の星も地上の物質と同じく質量を持ち同じ法則のもとにあることを明らかにし、古典期の神秘に閉じた時空を打ち砕きました。 彼がひらいた近代の時空では、時間空間はどこまでも等質に広がり、物質は不変の質量をもって存在しました。 その整然とした世界観のうえに近代の科学・技術が展開され、近代の文化芸術が成立しました。. · デュシャンの大ガラスを平面画にしたようなものをイメージして戴くと解りやすいかと ・モノクロ ・銅版画かペン画のようなタッチ、比較的細密 ・本自体は洋書によくある変形のB4版ぐらいのサイズ、厚みは5mm前後? デュシャンは「大ガラス」について問われると「.

1965年に制作された《大ガラス》の一部、《眼科医の証人》エッチング 瀧口修造+岡崎和郎《檢眼圖》(1977年,国立国際美術館所蔵)。 以上、三枚の 写真はすべて『マルセル・デュシャンと20世紀美術』展図録( 国立国際美術館・横浜美術館 ,)から拝借。. デュシャン 大 ガラス デュシャンの大ガラスに三年越しでやっと会えた 正式な日本語のタイトルは「彼女の独身者に裸にされた花嫁、さえも」通称大ガラス 三度行こうとして、時間がない、休館日だった、受験シーズンで東大のキャンパスに入れない、でフラれ続け. 私が中に入れたもの、それが何だったかわかりますか。 私は歴史や、よい意味での逸話を、視覚的な表現に混ぜ合わせたのですが、視覚性、目に見える要素には、普通ひとがタブローに与えているほど. 『デュシャン 大ガラスと瀧口修造 シガー・ボックス』奈良原一高撮影、瀧口修造解説、みすず書房, 1992 『コレクション瀧口修造3 マルセル・デュシャン 詩と美術の周囲 骰子の7の目 寸秒夢』みすず書房, 1996. 「大ガラス」他デュシャンの作品14点とジョン・ケージ≪マルセルについては何も言うまい≫他28点 マルセル・デュシャン 《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》(大ガラス、東京ヴァージョン). 日本美術を紹介するセクションでは、400年前の「レディメイド」に着目。安土桃山時代に制作された《竹一重切花入. デュシャンは1915年アメリカに渡り、以後おもにニューヨークに住み、55年にはアメリカ市民権を得ているが、15~23年、ガラス板の大作『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』(通称「大ガラス」、死後フィラデルフィア美術館に寄贈)に.

デュシャン 大 ガラス

email: [email protected] - phone:(642) 749-4332 x 3506

公権力 の 行使 -

-> 弁護士 相談 ポイント
-> つい の すみか の 独り言

デュシャン 大 ガラス - Brody


Sitemap 1

La flute de pan - Print primer